6 月のお休み
6 月 19.20, 26.27 (月.火)

大変勝手ながら当分の間 月、火曜日を定休日としてお休みさせていただきます。
また、休業日は都合により変更させていただく場合がございます。
ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。




WEB SHOP OPEN!!!!

----------------------------------------------------------------------------------------------
WEB SHOP
こちらもあそびにきてください!!!!

----------------------------------------------------------------------------------------------

2012-04-27

受注会 Ⅱ ☆☆☆




















[ 花束・マジック・グレングールド ]
1- トランプをよく切って、相手にいちばん上のカードが何のカードか憶えてもらいます。
2- そのカードをトランプの真ん中にさしこみます。
3- おまじないをかけます。
4- いちばん上をめくると、先ほどみてもらったカードが出てきました。
難易度 : ★☆☆☆☆
僕はそれを眺め、それから種明かしの方も眺める。
そうやって、自分にも出来そうな手品を見つけ出し、透き通った冬の空気のようにピンとした真新しいトランプをカットし始める。
とても注意深く、そして自然に、僕は一連の作業を繰り返す。
「あなたの選んだカードはこれですね?」
僕は彼女の代役の犬に向かってそう言い、一番上のカードをめくる。
犬は出されたカードのにおいを真剣に嗅いでいたが、食べ物じゃないとわかるとどこかへ行った。
そして僕は、クスクスと笑う彼女の事を想像しながら、練習を繰り返し、おまじないの言葉を考える。
           ☆
雪が降り出すと、彼女はいつも涙する。
いつものように、僕はそっとグレングールドのレコードをかける。
彼女は自然とグレンのピアノにあわせてハミングする。
ドアベルが鳴る、ハミングは当たり前のように鳴り止まない。
かわりに僕がドアへと向かう。
雪とピアノに心を奪われていた彼女が、花の香りに気がついて僕を見る。
気がついた彼女に向かい、僕は微笑みかけ、花束を差し出す。
彼女も少しだけ微笑んで、花束を受け取ろうとする。
僕は、
微笑んだまま、
花束をコートの中に隠した。
彼女は少し驚いた。
「ワン・ツー・スリー」
僕はそう言ってコートをめくると、花束は消えて、コートの一部になっていた。
雪はもうやんでいたのに、彼女はまた少しだけ泣いた。
僕はまた彼女に微笑みかけた。
彼女はようやく微笑んだ。



グレングルードの音楽とグレンチェック愛する女性。
彼女を喜ばそうとなれないマジックに奮闘する彼。
二人が出会った時に彼女が着ていた
お気に入りのブルーのグレンチェックのワンピースや
彼のマジックによって内側に
花束をとりこんだコート
などなど

JUN OKAMOTO 2012 A/W
素敵なコレクションです。


さてさて用意が整いました!!!!


The Galaxy Harmony!!!! では
本日から
29日(日)15時まで
実際のお洋服をご覧いただきお試しいただける
先行受注会を行っております。


素敵なお洋服達が
皆様のお越しを楽しみにお待ちしております!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿